新型コロナウイルス感染防止のため、本社は在宅勤務を基本としております。
代表電話を含む本社の電話対応は、控えさせていただきます。(詳細はこちらをご覧ください)。

バイオマス発電

バイオマス発電とは、木質資源や植物残渣などの生物資源(バイオマス)を燃料とした発電方法です。
レノバでは、国内の未利用材から作られた木質チップ、海外の木質ペレット、パーム椰子殻(PKS)などをバイオマス燃料として利活用します。

  • バイオマス発電の特徴

    光合成により大気中の二酸化炭素を吸収・固定して成長するバイオマス資源を燃料とした発電は、大気中の二酸化炭素濃度に影響を与えないカーボンニュートラルなものとされています。化石燃料の代わりにバイオマス燃料を利用することにより、地球全体での二酸化炭素の排出の抑制が可能となり、地球温暖化防止に貢献します。また、地域のバイオマス資源を利活用することで、資源の収集や運搬、発電所の運営など、新しい産業と雇用が創られ、地域の活性化にも貢献します。

  • バイオマス発電のしくみ

    レノバが取り組むバイオマス発電は、燃料を燃焼させ高温高圧な蒸気を発生させることにより、タービンを回転させて発電する火力発電です。再生可能エネルギーであると同時に、自然条件によらず安定した出力で発電可能なベースロード電源としても用いることができます。