サステナビリティの考え方と
基本方針

当社は、取締役会において以下のサステナビリティの考え方と基本方針を策定しております。

企業理念とサステナビリティとの関係

  • 当社のミッション(経営理念)は「グリーンかつ自立可能なエネルギー・システムを構築し枢要な社会的課題を解決する」ことです。当社はこのミッションを基に、持続可能な社会を実現すべく、再生可能エネルギー発電の専業会社として、アジア各国でマルチ電源(太陽光・バイオマス・風力・地熱・水力)の開発・運営を推進しています。

  • また、当社には「日本とアジアにおけるエネルギー変革のリーディング・カンパニーとなること」というビジョン(目指すべき企業の姿)があります。このビジョンを達成するためには、グリーン・エネルギーの導入促進だけではなく、事業開発の過程において、地域社会との共生や事業を通した新しい価値の創造、また、新たなサプライチェーンの構築など多様な観点を持って事業全体のサステナビリティを向上させることが重要であり、これらの実現をもって目指すリーディング・カンパニーに近づけると考えています。

  • 当社は、ステークホルダーの皆さまとともに、エネルギーで困ることのない100年後の未来をつくっていきます。

サステナビリティ基本方針

  • 当社は、当社が掲げるミッション(経営理念)の遂行により、社会のサステナビリティ向上に貢献してまいります。

  • 当社は、ひとつひとつの企業活動において、持続可能なあり方を追求します。特に、「安全安心」な「共存共栄」の事業を長期に運営していくことを志向している当社にとって、事業の成立・発展には、多岐に亘るステークホルダーの皆さまとの協業が不可欠です。

  • 当社ではコミットメント(経営原則)として「地球」「地域」「顧客」「株主」「社員」という主要ステークホルダーごとの約束を掲げています。

    レノバの企業理念

    ミッション / 経営理念
    グリーンかつ自立可能なエネルギー・システムを構築し枢要な社会的課題を解決する
    ビジョン / 目指すべき企業の姿
    日本とアジアにおけるエネルギー変革のリーディング・カンパニーとなること
    コミットメント / 経営原則
    地球
    人類と地球の、
    永遠の共生に貢献します
    地域
    歴史と文化を尊重し、
    新たな価値を共に創ります
    顧客
    経済的で環境にやさしい
    エネルギーを供給します
    株主
    株式価値を持続的に創出します
    社員
    有能な人材を集結し、エキサイティングな自己実現の機会を提供します
  • 再生可能エネルギー事業では「地域の恵みである自然エネルギーを使わせていただいている」という考えのもと、当社は上記ステークホルダーのうち「地球」「地域」を最重視しています。地球環境・地域社会にとって、長期的でよりいっそうサステナブルな発電事業を育くむとともに、当社自体のサステナビリティも大切にしてまいります。