エンジニアリング
特設ページ

MESSAGE

レノバは再エネ業界の
エンジニアリングを牽引する。

小川 知一

常務執行役員 CTO
エンジニアリング本部
本部長

PROFILE 東京大学工学部建築学科、東京大学大学院工学系研究科卒業。一級建築士、博士(工学)。1997年株式会社竹中工務店に入社。設計部構造課、海外作業所、環境エンジニアリング本部を経て、2008年にはケンブリッジ大学にてMBA取得。2012年当社入社。2015年より執行役員新エネルギー事業部長。2016年、常務執行役員として再生可能エネルギー(太陽光・バイオマス)事業開発を統括。2017年より電源事業開発の技術全般を統括。

エンジニアリングとは、社会のニーズを正しく認識し、既存/新規の技術を組合せて最適解を提供することだと考えています。再生可能エネルギー分野は新領域であるが故に、社会のニーズの変化も早い、技術革新のスピードも早い。我々は、常に先進技術を探究し、最適解の手段となりうると判断した技術を積極的に導入することで、挑戦的なプロジェクトを具現化させていきます。我々が点火役となり「先進技術を再エネ業界に浸透させ、業界を活性化させること」「バリューエンジニアリングを追求し、再エネを自立電源化させること」がレノバのミッションだと考えています。レノバは、再エネ業界のエンジニアリングを牽引します。

我々のエンジニアリングのすすめかたは、経験・知見に基づく直感力を重視しています。その直感力を用い、強い仮説を構築していきます。そこから、海外を含めた先行事例を徹底調査、現地現物で検証、これら一連のプロセスを繰り返すことで仮説そのものを研鑽していきます。「強い仮説」を構築する際、半歩先の新技術を積極的に検証し、良いと判断したものは前例がなくともリスクを取って導入することで、プロジェクトそのものの価値を高めます。リスクを取ってでも、新たなことに挑戦できることはエンジニアにとって他にない成長の機会であり、最高の環境だと考えています。

再エネ分野は、建築・土木・機械・電気・熱力学・流体など多くの分野が融合する新領域です。レノバのエンジニアには、これらの技術専門知識だけではなく、地域の方々など多様なステークホルダーを主導していく能力も求められます。レノバには、総合的な技術解決力、新しいことに挑戦する熱量、高いコミュニケーション能力、多様なステークホルダーと信頼関係を構築出来る人間力を持ち合わせる「マルチエンジニア」が集います。個々の専門性をチームで融合させ、新領域ゆえの超難題の解決に苦しみながらも、互いにリスペクトしあいながら切磋琢磨し、チーム全員で成長します。思いをひとつにし、常に前向きに挑戦することで、日々充実感に満たされています。

再エネ業界のエンジニアリングを牽引したい方、エンジニアとしての幅を広げ自分を成長させたい方は、ぜひ一緒に挑戦しませんか。

PROFILE 東京大学工学部建築学科、東京大学大学院工学系研究科卒業。一級建築士、工学博士。1997年株式会社竹中工務店に入社。設計部構造課、海外作業所、環境エンジニアリング本部を経て、2008年にはケンブリッジ大学にてMBA取得。2012年当社入社。2015年より執行役員新エネルギー事業部長。2016年、常務執行役員として再生可能エネルギー(太陽光・バイオマス)事業開発を統括。2017年より電源事業開発の技術全般を統括。