新型コロナウイルス感染防止のため、本社は在宅勤務を基本としております。
代表電話を含む本社の電話対応は、控えさせていただきます。(詳細はこちらをご覧ください)。

菊川堀之内谷ソーラー発電所

発電所の特徴

一般家庭2,700世帯分の電気を発電
東京ドーム1.9個分の広大な面積を有する菊川堀之内谷ソーラー発電所。その設備容量は7.5MW。年間では、927万kWhの電力を発電することが可能です。これは一般家庭2,700世帯分の消費電力に当たります。
設備容量 7.5MW
想定年間発電量(kWh) 927万kWh/年(一般家庭2,700世帯の消費電力に相当)
敷地面積 約8.9万m²
運転開始 2015年2月
発電事業者 株式会社菊川堀之内谷ソーラー
株主構成
お問い合わせ先:株式会社菊川堀之内谷ソーラー